血糖値の乱高下の対策!(栄養学3)

2024.7.6

前回までの投稿で血糖値の乱高下による、症状を説明してきました。

今回からは、対策をご案内します。

 

身体がしんどい時に、無理やり朝食をとる事が難しいことはよくわかります。朝は、時間もありません。

ただし、何も食べずに勉強や仕事をすることは、女性にはお勧めできません。

(筋肉量の多い男性はある程度血糖値の維持ができるので、健康でマッチョな男性は個人的にはファスティングしても良いと思います)

 

食欲がない時、お勧め食材は以下です!

①お茶漬け(鰹節やしらす入れた物)

②ゆで卵(他の卵料理でもOK、卵焼きに青さを入れるのもとても良い)

③ボーンブロススープ(他のスープやみそ汁だけでもOK)

④その他ご自身が食べたいと思える物!

*ただし、食べなくてはいけないという強迫観念が強くなる場合は、無理して食べなくて構いません。食べられない自分が悪いということは決してありません。その場合は、先に身体のメンテナンスをしてみるのも一つの手です。

 

ポイントは炭水化物のみの食事は血糖値を急激に上げてしまうということです。

 

よく聞く話で、朝食はコーヒーのみ、もしくは、食パン1枚とコーヒーのみという方も多々いらっしゃいます。数回のみならこの食事でも大丈夫かもしれませんが、この食事が毎日続くと人によっては体の不調が出てくることがあります。

朝の忙しさ、体の状態など、お一人お一人状況は異なります。もし、なんだか疲れて仕方がないけど、理由がわからないという方がいらっしゃたら、遠慮せず相談してください。お一人お一人に合わせて、できそうなことを一緒に考えたいと思います。


7月の休診日のお知らせ

2024.7.6

誠に勝手ながら7月15日(月)・16日(火)を

 

セミナー参加のため臨時休診とさせていただきます。

 

ご不便をおかけしますがご理解の程、宜しくお願い致します。